車売却のコツ | 車査定時のシートの汚れ、タバコの匂い

査定に出す場合、車内の状態も評価のポイントになり状態が悪いほど評価が下がります。
ただ車内の状態は、査定全体の項目から見ると比較的重要性は低い場合が多く、窓やプラスチック製部品等の簡単に洗浄出来る部分は余り評価に影響しません。ですがシートの汚れ、タバコの匂いは評価に関わる可能性が高く注意が必要な箇所です。

 

シートは良い素材で状態が良ければ装備オプションとして評価されます。逆に良い素材のシートを搭載していながら状態が悪いと評価が大きく下がってしまう場合があります。シートは市販の洗浄製品で事前に洗浄出来る場合が多いので、可能な場合は洗浄する事が望しいです。また革製のシート等はやり方を間違えるとより酷い状態になってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

シートの表面の張替えやシート本体を交換する方法もありますが、純正外の物に取り替えると評価が下がる場合もあるので注意が必要です。

 

タバコの匂いは、喫煙、禁煙の区分があり喫煙に該当してしまうと評価が下がる場合があります。軽度な場合は事前に洗浄する事で回避出来る場合もあるので、可能な場合は洗浄する事が望しいです。これも市販の洗浄製品で出来る場合もありますが、タバコの匂いや汚れは全体的に染み込むので完全に消すことは難しく、喫煙した場合は多少の覚悟が必要です。

 

シートとタバコの匂いは、洗浄がやや困難な部分である為、最低限の知識と理解を持って行う事が望ましいです。また重度な場合は修復不能な場合もあるので、日々のメンテナンス、使い方に注意を払うのも大切です。

 

車売却時に注意するべきポイント:シート汚れ・タバコの匂いは消しておく

何らかの事情で車の売却をすることになった時、購入時に高いお金を払ったのですから、どうせなら少しでも高く売りたいですよね。売却の値段は種類や年式、車検があとどれくらい残っているかなどで、おおよその値段は決まっていますが、車売却時のボディの状態でも価格に差が出てきます。家と同じで、持ち主が丁寧な使い方をしていたのか、雑な使い方をしていたのか、一目で分かってしまいます。

 

長い間使うものですから、持ち主の扱い方で大きな差が出てきてしまうのです。取引金額が高価なものですから、外見の違いで評価が変わるだけでも、買取値段が大きく変わってしまうことになります。

 

買い取り業者の営業マンはパッと見た印象が買い手に与える影響が実はとても大きいということを経験から知っています。ですからなるべく高く車売却するためには、最初に見せる時にいかに好印象を残せるかというのはとても大切なことなのです。

 

そのために出来ることはしておきましょう。汚れを落としきれいにすることの他に、シートを掃除し落とせる汚れは消しておきます。見た目だけではありません。自分では気づかなくてつい見落としてしまいがちですが、タバコの匂いはきちんと消しておくようにしましょう。