車売却のコツ | 車の査定を頼む前に車内清掃を実施しよう

車の買い替えを考えた時、どうしても気になるのは今使用しているものがいくらで売れるのか、ではないでしょうか。査定をしてもらう際は、少しの心がけで査定額を高くすることが出来ます。

 

例えば、足回りや座席の隙間など、自分が思っている以上に車内は汚れているものです。マットを洗い、軽く掃除機をかけるだけでも砂埃などが取れて見違えるほどきれいになります。小物入れやドリンクホルダー、ドアの取っ手なども要注意です。

 

くぼみには汚れが溜まりがちになるので、ここも掃除機をかけたり、濡れた雑巾で拭いておきましょう。他にも、手で触れる回数が多い部分も汚れをふき取りましょう。ハンドルはもちろん、ウインカーやワイパーのレバー類も手あかが付きやすいポイントです。できれば、中性洗剤を使用するといいですね。

 

また、外装も綺麗にしておくに越したことはありません。。少しの傷ならば、コンパウンドで磨くだけで綺麗になることもあります。少し深めの傷には、カー用品店で売っているタッチペンもお勧めです。会社によって、若干色合いが変わっているので購入の際はきちんと確認しておきましょう。

 

また、査定に持ち込む直前には洗車をしておくと尚いいですね。
少しの心がけで変わってくる査定。あなたも、額に納得できるよう事前にきちんと清掃を行うようにしましょう。

 

車売却時に注意するべきポイント:車内・車外をチェック

査定業者に車売却しに行く前には、洗車をしてから行くのが基本です。なぜならば、きれいにしておくことは、査定業者に好印象を与えるからです。また、査定をしやすくしているという印象を与えることができ、また大切にしていたことをアピールできます。

 

ボディーは基本で、ホイールやタイヤも忘れずに、きれいにしておきましょう。さらに、車内やドアの内側、足元などもキレイにしておく事もポイントです。汚れたまま査定されると、車売却する時にマイナス査定になり、金額も大幅に減額する可能性もあります。買取店内側も必ずチェックされます。その時にシートが汚れていたり、ゴミが残っていたりすると、車を大切に使っていなかったとみなされる場合があります。

 

さらに、少し忘れがちな部分があります。トランクルームです。今すぐ降ろせない荷物はそのままにしておくしか方法はありませんが、せめて、整理しておくことを心がけましょう。できれば、トランクルームは空にしておくことが望ましいです。外側ばかりを気にしてしまいがちですが、査定人は、車内もチェックポイントとしています。また愛着があった物としてアピールする場合には、内部もぬかりなく清掃・整理をしておくと、買取価格も希望通りになるでしょう。