車売却のコツ | 車の買取価格にはモデルチェンジも大きく影響します

中古でクルマを購入する場合でも逆に売却する場合でも、その購入や売却の価格は大変気になるところです。
価格が変動する要因は様々ですが、最も影響があるのは年式が下がる事と新型のモデルチェンジです。
 年式が下がれば当然古いクルマという事になりますので買取価格も下がる要因になります。

 

新型のモデルチェンジの場合にも同様で、型落ちになりますから、余程の人気車種でない限りは価格は下がってしまいます。
 これにはフルチェンジとマイナーチェンジがあります。フルチェンジは日本では4?6年周期で行われる事が多い様です。また、フルチェンジとフルチェンジの間に行われマイナーチェンジもあります。

 

変更内容には意匠上の変更や技術的な一部改良などもあり、フルチェンジのほうがマイナーチェンジよりも大きな変更になるのが一般的です。なお、フルチェンジの場合には名前に変更がある場合もあり、年式の他に前期や後期がつけられることもあります。

 

 ところで、これはいつ行われるか決まっていない上に、実際に行われなくとも情報が流れただけで買取価格に影響が出る場合もあります。該当するクルマが外車の場合はなおさらです。売るタイミングを逃がさないように情報はマメにチェックした方が良いでしょう。

 

車売却時に注意するべきポイント:モデルチェンジ後は買取価格が下がる

車の売却価格が年式や走行距離だけで決まっていると勘違いして、車売却のタイミングを気にせず売却する方が多いようです。
売却価格は年式や走行距離、グレード等で参考価格が決まっていますが、実際の買取りの際は、業者ごとに参考価格を考慮しながら、市場や販売予定の地域での人気度なども合わせて考慮して買取り価格を決めています。

 

そのため、売却の際は複数の店舗で売却の見積もりをとってみるのがよいのですが、傾向として、モデルチェンジした場合には買取価格が下がるようです。中古市場での人気度によってもかなり変動がありますが、例えば、雪の降らない地域では4WD車は人気が低いので買取り価格が低い傾向がありますが、雪国では年式が古くても買取り価格が高い場合も多くあります。

 

中古市場での人気は現在のモデルによっても決まります。そのため、新しいモデルが出ると価格が下がってしまう傾向にあります。メーカーによりますが、モデルチェンジの間隔は長くなる傾向にありますので、今後はさらに新旧のモデルで価格差が出てしまうことになります。車売却を検討する際には、雑誌やインターネット等で新しいモデルが出るタイミングを調べるなどして売却のタイミングを間違わないようにしたいものです。