車売却のコツ | 車検時期が来てもそのまま車を売却することについて

車検に自動車を出す前に売却したいと考える人がいます。確かにこの時期に売却することは査定面でマイナス評価が出やすいのですが、それでも状態などがよければ買取をしてくれる業者もいます。

 

自動車税の納税をしていることなどは業者側が確実に確認してきますが、それも場合によってはいったん抹消登録を陸運局でして再度新規登録をすれば済むことであり、それほど問題になることではありません。

 

むしろ部品の交換などが必要なことが多くなる可能性があり、そのあたりのメンテナンス費用の出費分を差し引かれる可能性が高くなりますので、そのあたりも考慮した上であれば高額売却も十分可能でしょう。
人気のものや、あるいはグレード、色などが総じて中古業界で評価が高いものであれば買取を行いたいと考える業者はそれなりに多くいるので、それほど問題にならないものです。

 

問題となりうるのは所有者が誰かということで、特にローン会社が所有権を留保している場合は、名義変更に必要な所有者の印鑑証明が取れない場合が多くなり結果売却できません。まずはローンなどのような残債をしっかり払い終わって完済した上で所有権留保を解除してから、売却すると言う流れになります。

 

車売却時に注意するべきポイント:車検時期が際でもそのまま査定

所有している車の車検が近くなると車売却を考えるタイミングとなることが多くあります。
その際に注意するべきポイントをいくつか挙げます。
まず、その年の納税証明書がお手元にあるかを確認してください。

 

(有効期限が印字されておりますのでそちらも併せて確認してください。)
紙タイプで送付された物をお支払いしている場合は領収済みの捺印がされている右側の切り取り線から切り離した部分で大丈夫です。
インターネット上でクレジットカードにて支払をした場合は後日納税証明が自宅に送付されてきているので、そちらのご用意が必要です。
満了日が4〜5月付近の場合は納税証明が直ぐ手に入るので現金での納付をお勧めします。

 

お手元に納税証明書が無い場合は車売却をお願いした業者へその旨を伝えると手配してもらえます。
(前のナンバー、車台番号があれば納税確認、証明書の発行は誰でもできます。)
車検を取得してから査定に出した方が買取り金額が上がると考える方もいますが、

 

取得するには自賠責保険料、重量税、ディーラー等での整備費用等少なくとも数十万の出費が見込まれます。
買取り金額が上がったとしても取得するために支払った金額を考えるとさほど差異は無いかもしれません。
満了日が近いから、取得後の方が良い金額がつくから、とご自身で考えて決断する前に、まずは査定会社に相談をすることをお勧めします。