車売却のコツ | 自動車の売却などは決算時期が高値

自動車の販売店などの決算時期は買取価格が高くなる傾向にあるようで、自動車の出入りがとても激しい時期になります。とくに今年の決算の場合は消費税が増税になる前で消費税が上がる前に大きな買い物を済ませておこうと乗換を行っているようです。その事などを考えると今年は特にこの時期の売り買いが激しかったのではないでしょうか。

 

買取価格も高いうちに売りたい消費者の心理と消費財が上がる前に新しいのに乗り換えたい心理が相乗効果となったことは間違いなさそうです。新年度を新たな気持ちで迎える事が出来ることと消費税が今後も上がることを考えると市場の方々からも早めの取引を進められる事でしょう。中古であっても同じ考えでいけば消費税が上がる前に購入することも良いかも知れません。

 

しかし今年の場合は消費税増税がある年でしていつもと少し中古市場の状況は違うようです。種類によっては買い取った量が大量にあり値崩れを起こす可能性もあります。今年は市場がだぶついているとのことですので、増税後でも値引きを考えると消費者が得をする可能性もあります。すべてが消費税増税前が得だという考えではない事があり中古に関して言えば考え方を変えなければいけません。

 

車売却時に注意するべきポイント:決算時期は買取価格が高くなる

車の売却を考えている場合には売却のタイミングにも注意すると高額査定が期待できます。
車売却の際、車種やモデル、グレード、走行距離、人気度で価格が決まることが多いのですが、販売会社の決算期にはさらなる買取価格の上乗せがある場合があります。

 

販売会社の決算時期は、販売数を増やそうと値引き等で頑張ることが多いのでお得な時期であることはよく知られていますが、車売却についても実はお得な時期だということは余り知られていません。

 

商品がよく売れる時期は商品が足りなくなる時期でもあります。しかも、商品の確保に時間がかかる業界ですからなおさら在庫数には気を使います。そのため、販売会社は商品を確保するためにいつも以上に買取価格を上乗せすることが多いようです。

 

在庫がなくなれば販売するチャンスを失うことになりますが、さらに怖いのがお客様が来店時に在庫が無いとがっかりすることだそうです。買いたい時に買えないと思わせてしまうことが何より怖いそうです。決算期に在庫を持つことは財務上はマイナス要素でもありますが、いつでもお客様満足度を上げる必要があると販売店は考えており、不良在庫にならないようにいつも以上に厳選して買取を行いますが、それでも、決算時期に売却することはお得になることが多いようです。