車売却のコツ | 車の査定前の洗車は好印象をゲットするための必須ポイント

誰でも車の査定を受けるときはバイヤーさんにできるだけ好い印象をもってもらい、できるかぎり高い査定を受けたいものですよね。そのためにも、査定前の車洗車は必須です。

 

どれだけ大事にしていても、査定を受けるときのボディが泥まみれだったりほこりまみれであったりすると、何かトラブルを隠蔽しているのではないか、どこかに大きな傷が入っているのではないかと、あまりいい印象を持ってもらえません。

 

また、バイヤーさんはこれまで何百何千というケースを扱っているだけに、どれくらいの年式でどれくらいの走行距離であればどの程度の傷み具合かということが一目瞭然です。ですから、見た目の第一印象で「これはきれいな状態だな」とか「これはオーナーさんがとても大事にされてきたんだな」という印象をもってもらうことが、高額査定を引き出すうえでの最低限の条件となるのです。

 

また、洗車をすることでボディのどの部分にどんな傷があるのか、どのような傷み具合なのかを自分自身でも把握することができ、バイヤーさんとの交渉のなかで説明すると有利になる場合も考えられるでしょう。ですから、査定前に丁寧な手入れをしておくことがとても重要になってくるのです。

 

車売却時に注意するべきポイント:査定前に洗車しておく

車の買い替えがさかんになっています。
買い替えとなると、大半の方がこれまで乗っていた車を売却することになりますが、
買ったお店での下取りのほかに、買取店での車売却という方法があります。

 

車売却の場合、まずはクルマを見せて査定してもらうことになります。
その際、クルマ本体のグレード、色はもちろん走行距離、カーナビやETCなどの装備品も査定材料に入ります。
後付できないサンルーフや横滑り防止装置などは査定アップにつながるそうです。

 

できるだけきれいな状態で見てもらう方がいいので、洗車は必須かと思われますが、
状況しだいによってはそうとも言い切れません。
ボディに傷やへこみが多いほど査定は下がります。

 

どうにもならない傷はどうしようもないのですが、目立たない傷は汚れているボディだと
見つからない可能性があります。

 

もちろん、相手はプロなので、そんな付け焼刃的なやり方は通用しないかもしれません。
しかし、そうなる可能性は高まるといえます。

 

でも、簡単に取れない汚れがついているとマイナス査定につながるおそれもあります。
中古物件として販売する場合は、ボディをきれいにしますので、手間がかかることを
されていると査定に影響すると思われます。