車売却のコツ | 車を売却する場合には複数の買取業者に査定を依頼すること

車の売却の際には、複数の買取業者に査定を依頼して、それぞれの買取業者の見積価格を比較することが前提です。複数の買取業者から見積もりを取る目的は、自分の車の本当の価値、即ち本当の相場を知るためです。相場が分かれば、買取業者の言いなりのままに売却するのではなくて、売り手である自分主導で交渉を進めることができます。

 

しかし、複数の買取業者から一括で見積もりを取るといっても、近所にある買取業者を一軒一軒回っていたら、大変な時間と労力を費やしてしまいます。また、初回査定時は、どこの買い取り業者でも様子見の概算金額を提示してきますので、そこから交渉がスタートとなります。この様な交渉を行っていては、また相当な手間と時間がかかってしまいます。

 

そのため、複数の買取業者で査定を依頼する際には、一括査定サービスを利用します。一括査定サービスとは、インターネットを利用して、自宅にいながら簡単に複数の買取業者の査定額を知ることができるサービスのことです。買い取り業者としても、他社と比較検討されていることを前提にして査定額を見積もってきますので、余計な交渉をしなくて済みます。後は、一番高い査定額を提示してきた買取業者を選んで交渉を進めます。

 

車売却時に注意するべきポイント:複数の買取業者に依頼

車売却の際、下取りだけではなく、買取業者への車売却の依頼をすると買取価格が高くてお得な場合も多いようです。
買取業者は買い取った車をその地域で販売することもありますが、多くは全国の販売店が参加するオークションに出品することが多いようです。

 

そのため、出品点数を確保し、より高く売れる商品をいつも探しています。商品を確保するため、買取時には他店との激しい競争も期待でき、買取価格が高くなることが多いようです。

 

高く買取される、競争になる条件としては、人気の種類、グレード、年式、走行などもありますが、希少価値のある場合にも高額査定が期待できます。全国的に販売台数が減少傾向の業界ですが、希少価値のある商品の場合は全国に欲しているマニアがいるため価格が高くても売れることが多くなっており、買取業者も喜んで買取価格を設定するようです。しかし、下取りの場合はオークションに流すことは一緒でも自社の商品でなければ全国的に決まっている参考価格程度にしか買取を行わないことが多いようです。

 

車の売却は面倒だと考えて下取りに出す方も多いのですが、買取業者によっては電話すれば見積もりに来てくれる場合もあるので一手間増やすとお得に売却できることがあります。