車を査定に出す前に確認する注意ポイント

車売却で気になるのが査定ですね。重要になるのが、車本体に関わる部分と相場、依頼する場所等の環境部分です。

本体に関わる部分としては、走行距離、年式、部品の劣化程度、装着オプション、車検状況、乗り継ぎ履歴や修復歴等々が評価に影響します。

 

これはどちらかというと減点方式であって、基本となる価格から悪い箇所の分だけ評価が下がり価格が下がると考えた方がいいと思います。基本となる価格はその時々の相場で変動しており、その価格より買取価格を高くするのは、必要以上に状態が良い場合でないと余り期待できません。その為、減点されそうな部分がある場合は、事前に解消できる箇所なら解消しておく、解消出来そうにないが軽減出来る理由がある場合は指摘されても説明出来る様にしておく等、まずは減点されない為の事前準備を意識する事が望ましいです。

 

次に環境部分についてですが、買取価格の相場は日々変動しており、本体の状態が同じでも時期やタイミングが異なると評価が上下します。早い方が良い場合が多いですが、一時的に相場が下落してる場合や後から上昇してくる場合もあるので、事前に相場を見極める心掛けが大切です。更に本体状態や時期が同じでも、買取場所によって評価が上下する場合があります。特にコアなファンがいる商品は差が明確に出るので業者やお店等の買取場所の風潮を確認、選別する事が望ましいです。

 

これらを事前に意識して査定に出すことでより良い評価が得られる場合があります。

 

もっとくわしく車種名や評価額を確認することも可能です。JAAIが発刊しているシルバーブックです。中古車価格ガイドブックが毎月1日発行されています。1冊1030円で販売されています。

 

 

車売却時に注意するべきポイント:査定に出す前に確認

車売却をする際に注意する点がいくつかあります。車の査定金額が会社によって違うことは知られていますが、せっかく査定してもらったのに、断りにくくなると状況になったことはありませんか。

 

人間は機械と違って感情がある生き物なので、本来思っていることを言えずにしぶしぶ契約したという人もいるでしょう。そのわずらわしさをなくすためには、インターネットで車売却の見積りをとればいいのです。無料で見積りをしてくれる上に、その金額で納得できるのであれば、即契約に持っていけることができる。しかも不満があれば相手の顔を見ることがないので断りやすいのです。

 

さらに、比較サイトを利用すれば複数の会社の見積りをとれる他、今の自分の愛車の相場がどれくらいかということまでわかってしまうのです。本来売るかどうか迷っており、金額次第ではと考えている人が多いので、インターネットの比較サイトは利用者が多いです。

 

また、実際に無料で自分の家まで来てくれる会社も多く、ある程度の金額が定まってから細かい交渉という流れにすれば断りにくい状況は回避されます。オプションなど、おまけがあることをアピールすることで高く買い取りやすくなるのでその点もお忘れなく。